top of page
  • yamauchi.dc

むし歯になりにくい人、なりやすい人

みなさんこんにちは。日向市春原町の山内歯科医院です。


「一生懸命はみがきしているのに、むし歯ができてしまった・・・」ということはありませんか?

もしくは「あまり歯みがきは頑張っていないけど、なぜかむし歯はあまりできない」でしょうか?

実は、歯みがきだけしっかりしていれば、むし歯にならない!わけではないのです。


むし歯になりやすい人、なりにくい人には、どのような違いがあるのでしょうか。

むし歯の発生には、多くの要因が関係しています。

歯を壊す、すなわち歯の脱灰(だっかい…酸によって歯の成分が溶け出す現象)を起こす「リスク要因」と、

歯を守る、すなわち歯を再石灰化(歯の成分が元に戻る現象)をする「防御要因」。

このバランスがその答えです。


リスク要因よりも防御要因の方にシーソーが傾いていると、むし歯になりにくくなります。

逆に、防御要因よりもリスク要因の方にシーソーが傾いていると、むし歯になりやすくなるのです。


リスク要因とは・・・むし歯菌の数が多い、フッ素を使っていない、だらだら食べ、唾液の量が少ない、不十分な歯みがき、歯科に定期受診をしていない、など。


防御要因とは・・・むし歯菌が少ない、フッ素を使っている、規則正しい食習慣、唾液の量が多い、適切は歯みがき、歯科に定期受診している、など。


これらのシーソーは常に変化しています。

意識して、このシーソーを防御要因に傾けることで、むし歯になりにくくすることができます。


むし歯菌を減らすには、まずは歯みがきです。

適切なフッ素濃度の歯磨剤を使ったり、唾液腺のマッサージで唾液量を増やしたり、歯科受診で検診や適切な歯みがきの仕方を確認したり・・・

そして、だらだらと間食したり、ちびちび甘い飲み物を飲まないように気を付けましょう!

スポーツドリンクや甘いコーヒーなどは要注意です。


むし歯になりにくい人を目指しましょう^^









最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page