top of page
  • yamauchi.dc

フッ化物配合ハミガキ剤で、むし歯予防

皆さんこんにちは。日向市春原町の山内歯科医院です。


お子さんのハミガキ時にフッ化物配合ハミガキ剤は使っていますか?

フッ素の働きは・・・

①むし歯になりかけた歯を修復します。(再石灰化の促進)

②歯質を強くします。

③むし歯菌のはたらきを抑えます。


当院がおすすめしているフッ化物配合ハミガキ剤は、フッ化物の濃度もしっかり表示され、色々な味が楽しめます♪


今年1月に、小児に対するフッ化物配合ハミガキ剤の使用濃度の基準と使用量の目安が改変されました。

             (使用量)      (フッ化物濃度)

歯が生えてから〜2歳・・・コメ粒程度      900~1000 ppmF

3歳〜5歳 ・・・・・・・グリーンピース程度   900~1000 ppmF

6歳〜成人(高齢者含む)・歯ブラシ全体     1400~1500 ppmF

(日本小児歯科学会:https://www.jspd.or.jp/recommendation/article22/


これまで2歳以下のお子さんはフッ化物濃度500ppm以下のバナナ味だけでしたが、これからはいろんな味が楽しめます^^

兄弟で同じハミガキ剤を使えますね!



最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page